リアフェ(2019) 2話あらすじネタバレ メンバー調査をする守屋

REAL⇔FAKE(2019)リアルフェイクの2話あらすじネタバレと感想をご紹介します。

4話完結ものの第2話!

少しずつ登場人物の隠された部分が見えてきます。

ステラクラウンズの密着ドキュメントを撮る守屋は、メンバーを怒らせてまで失踪した朱音の情報を引き出そうとする。

守屋がそこまで必死になるのには、実は訳があった。

>>【REAL⇔FAKE】を動画で楽しむならこちらをクリック(30日間無料)
もくじ

REAL⇔FAKE(2019)リアルフェイク 2話あらすじネタバレ

ステラクラウンズのメンバーは、それぞれの朝を過ごしている。

凪沙は自分のシャンプーを使うなと、征行に文句を言っている。

凛と悠輔は黎士郎が作ったパンケーキで食事中だ。

みんなの話題は、今日から密着カメラが付くということ。

「家まで入るのはちょっと」「隠しカメラで撮られたりして」など話題が尽きない。

メンバーの仕事場を回っている守屋は、ダンスの振り入れをする征行と凪沙を撮影する。

凪沙は物覚えがよく、征行はダンスが苦手らしい。

守屋が帰ったあと、「ホントに良かったの?」と弱気な凪沙に、征行は「決めたことだろ」と強気な態度で肯定する。

劇場で悠輔にインタビューする守屋は、朱音のことを訪ねる。

悠輔は「朱音は自分の意思で居なくなったんじゃない」と答えるが、インタビュー中に咳が止まらなくなりここまでしか聞けず。

その後こっそり誰かに安否を気遣う電話をしている悠輔。

撮影している凛を見学しながら、関係者と雑談をする守屋。

そこで守屋は、凛に借金があると言う噂を聞きつける。

凛に借金の話を聞いてみるが、「珍しくない話だよ」とそっけない。

「金のためなら何だってする?」と凛をわざと問い詰める守屋。

凛はこっそり録画している守屋のカメラを切る。「あんた何者だ?」

黎士郎はラジオ収録をしている。

朱音のことは知らない、ドキュメンタリーを発注したのは誰かと逆に聞かれ、守屋はクイーンレコードの社長(澤木田)だと話す。

黎士郎は「朱音さんが所属していたとこだ」と気づく。

レコーディング中の翔琉に「朱音の代わりにユニットに入った理由」を尋ねる守屋。

そつなく回答する翔琉をわざとあおる。

翔琉は「お前に朱音さんの何が分かる」と激高して部屋を出ていく。

守屋は「分かるよ」と誰もいない部屋でつぶやく。

守屋がインタビューを終えシェアハウスに戻ると、澤木田が差し入れを持って様子を見に来ていた。

隠しカメラが気になりきょろきょろする澤木田。

焦った守屋は澤木田を見送ると言って、シェアハウスをいったん後にする。

凛は何かを察し、翔琉を家の外に呼び出す。

隠しカメラがあるのではと言う凛に、うちの社長(澤木田)ならやりかねないな、と翔琉。

「疑われてるかもしれない。俺たちか、俺たちのうちの誰かが」

凛と翔琉は隠しカメラを見つけ、それを守屋に突きつける。

守屋はドキュメンタリーのためだと説明するが、

「朱音さんの失踪について何か探っているのか」と鋭く凛に突っ込まれ、守屋は事実を話す。

守屋は朱音と高校の同級生だ。(このことは澤木田も知らない)

ステラクラウンズのメンバーが朱音について何か知っているかもしれないと思い撮影を引き受けた、と白状する。

守屋とステラクラウンのメンバーは、とりあえずお互いを信頼することに。

「もし君たちが嘘をついていて、朱音が傷つくようなことがあったとしたら、君たちを許さない」と守屋は強く言う。

高校時代の朱音と守屋。

朱音がオーディションに受かったことを話している。

朱音の兄が作曲して、朱音が歌うことが兄弟の夢だ。

一方、守屋は映像監督を目指している。

兄が作った曲を朱音が歌い、守屋がそれを撮る、と約束する2人。

人気のないところで、誰かと電話で話す凛。

「あくまで俺の主観だけど、怪しいのは…翔琉だ」

REAL⇔FAKE(2019)リアルフェイク 2話の感想

凪沙と征行のコンビがとにかく可愛いです。

凪沙のシャワーシーンとバスローブはサービスシーンですね。

「シャンプー使っただろー」って征行に文句言ってるのがとにかく可愛い。痴話喧嘩みたい。

ダンスレッスンでも仲がいい2人。

個人的にも仲がいい荒牧くんと雅成くんならではの演技?

とにかく可愛い2人です。

守屋は朱音と仲がいい悠輔と翔琉、2面性がある凛に注目しているようですね。

ていうか、守屋自身がガッツリ朱音と関係あるじゃないの。

これは朱音とかかわりのある人物が怪しいですね。

凪沙と征行は朱音と接点は無いようなので、賑やかし担当?

黎士郎だけなんか空気が違う。

紳士だし、天然っぽいし、だから黎士郎は白だと思う。特に根拠はないけど。

REAL⇔FAKE(2019) 2話あらすじネタバレと感想 まとめ

2話で凪沙と征行が気になり始めましたw

凪沙のほんわかと征行の男らしいコンビが面白い。

凛と翔琉はかっこよくてクールで隙がない。

ハードな雰囲気でこのドラマを引き締めていますね。

少しずつみんなの素性が明らかになってきたし、たぶんミスリードもされている(笑)

>>【REAL⇔FAKE】を動画で楽しむならこちらをクリック(30日間無料)

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる