演劇ドラフトグランプリってどんな内容?視聴感想や結果は? 荒牧慶彦プロデュース

荒牧慶彦プロデュース「演劇ドラフトグランプリ」を何の前情報もなしに視聴しました。

簡単な内容や結果、感想をご紹介します。

個人の意見であることをご了承ください。辛口意見等あるかもです。

目次

演劇ドラフトグランプリ どこで見られるの?

ABEMAで有料で見られます。

【料金】

◆一般チケット:ABEMAコイン 3,090コイン(3,708円相当)

◆プレミアム会員限定チケット:ABEMAコイン 2,470コイン(2,964円相当)

【販売期間】

2022年5月31日(火) 18:00 ~ 2022年6月21日(火) 21:00

【視聴期間】

配信終了後〜2022年6月21日(火) 23:59

プレミアム会員(月額960円)は初回登録に限り、14日間無料でお試しできます。

登録から13日後の解約期限までに解約すれば、料金はかかりません。

>>ABEMAプレミアムをみてみる

演劇ドラフトグランプリ 結果 

スペシャルプレゼンター:上川隆也

  • 優勝:「天を推(すい)し歩く」 劇団『ズッ友』

演劇ドラフトグランプリ 各劇団の演劇内容

ルールはこちら。

  1. 劇団は4チーム、各5名。
  2. 各劇団20分でのお芝居。
  3. 脚本はオリジナル。
  4. 小道具のみ使用。
  5. 衣装替えなし。

※あらすじは意訳等あります。

解釈違いがある場合もありますのでご了承ください。

「キセキの男たち」 ID Checkers

ID Checkers:荒牧慶彦、赤澤遼太郎、輝山 立、定本楓馬、萩野 崇

脚本・演出:中屋敷法仁

テーマ:奇跡

◆高校3年の、1度しかない夏の物語。

◆ライバル輝山は奇跡の男と言われている。

◆ピッチャー楓馬と未来の楓馬(荒牧くん)の対話。

「奇跡は起こらない、運命は決まっている」という未来の楓馬。

未来を教えてもらった楓馬は投げることができないと悩む。

◆監督荻野さんは3流監督。

監督は、「何度も夏はやってくるがこの夏は今しかない」と楓馬を励ます。

◆「もし君に負けたとしても僕は戦うことを選ぶ」と輝山は楓馬に話す。

◆キャッチャー赤澤と楓馬の友情。

◆負けるのが嫌だった未来の楓馬。

運命は決まっているからあきらめろと言うが…

◆運命は俺が決める、奇跡を起こすことを決意する楓馬。

勝負には負けたが、運命に立ち向かう輝き(奇跡)は消えない。

感想

正統派演劇という感じです。ストレートで分かりやすい。

熱い夏の青春もの。

ラップっぽいので始まってラップっぽいので終わった。

勝負から逃げ出した未来からの自分のメッセージを受けて、今の自分はどうするかみたいな。

結果は同じ(負け)なら逃げたほうがいいのか、それでも真っ向勝負をするのか、という葛藤。

それぞれの視点もあったりして、なかなかに興味深い内容。

「林檎」 劇団『打』

劇団『打』:佐藤流司、小西詠斗、椎名鯛造、高木トモユキ、野島透也

脚本・演出:西田大輔

テーマ:りんご

◆本音がダダ漏れ「優勝したい」

オーディエンス巻き込みっぽいけれど、客席の反応は分からない

◆林檎=善と悪がなせる木。

◆4つに分断された世界がある。

武力のみで対話をしているつもり(支配)の「世界①(野島くん)」がいる。

対話で世界を一つにしたい「世界②(流司くん)」がいる。

そんな「世界②」を傷つけ、対話ができるかと問う「世界①」。

◆しかし倒されたのは武力で支配する「世界①」だった。

人は合わせ鏡であり、自分が信じているものとはなにか?

傷つけられたもののみが革命を起こすに値する、と主張する「世界②」もまた倒される。

◆死んだ者にも人生があると話す「世界③(鯛造くん)」。

声なき声こそ罪であるという「世界③」。

◆声を上げたい「世界④(小西くん)」は、「世界③」と兄弟だった。

壁を取り除きたい「世界④」

共存したい「世界③」

武力でもなく対話でもない共存の世界。

◆俺のものはお前のものでもある。すなわちお前のものは俺のもの。

痛みに気づき自分で命を絶つ「世界③」、そしてすべてを「世界④」に捧げる。

◆林檎の花言葉(花や実など)は複数あり、それぞれの世界が持つ林檎の意味が違う。

「世界④」は「選択」の林檎を、「世界③」は「後悔」の林檎を手にする。

◆物語は人によって生み出される。「世界②」は「革命」の林檎を。

しかし革命の林檎はない。

◆「世界①」は「名誉」の林檎を。

◆人でいたいという「世界」たち。

すべてはコンピューターの世界「AI」

◆物語は人が造り、そして「あなた」はひとりしかいない。

だからこそ「あなた」を誘拐したい。

感想

かなり抽象的で分かりにくい話。

情勢を反映したような内容も入っており、近代的。

世界①が流司くんかと思ってたら、違ってた。ちょっとしたトリックもありました。

これ動きとセリフが違うから大変ではないかい?

流司くんと鯛造くんの殺陣が素敵。光る剣が活躍。

林檎が地球なのかな?同じ地球にいても考え方が違うし争いは起こると解釈。

例えば、平和を願ってもやり方はそれぞれ違う、みたいな。

「誘拐したい」という言葉が印象的ですが、それは「あなた」が「唯一無二」だから「欲しい」のだと推察。

すみません解釈がうまくできませんでした。

「Luda リューダ」 超MIX

超MIX:高野 洸、後藤 大、寺山武志、福澤 侑、本田礼生

脚本・演出:植木 豪

テーマ:虹

宇宙(世界の創造主)は高野くんでナレーターも務める。

◆「蛇神(福澤くん)は人間(寺山さん)に恐怖の種をまいた」と非難する龍神(礼生くん)。

そのせいで人間は争い、脅し、考えることをやめた。

龍神は、ただの生存から抜け出し人として生きろという。

◆文明が西であったころ、競争と支配だった。

文明の中心が東に移ったころ、平等と平和が訪れた。

◆西の蛇神と東の龍神は対立した。

中立と見せかけた鰐神(後藤くん)の奸計により、蛇神は人間から排除されてしまう。

鰐神は人が激しく争うことを好んだ。

◆蛇神と鰐神が人間に争いを教え人間を衰えさせ、人類は疲弊していた。

◆宇宙の始まりだった創造主は、自分の意識を分散させいろいろな個体を作った。

色々なことが知りたかった創造主は、意識達にいろいろな感情を教えてもらう。

喜び、怒り、悲しみ…どれも宇宙(創造主)が望んだ「色」であった。

全てを受け入れることに決めた宇宙は、苦痛だけが目立つことを知る。

知りたかったはずなのに、すべてを知ってしまい苦しむ宇宙。

◆神々が人間たちに託す希望。

人類が世界の住人ではなく、人類こそが世界なのだ。

君たちが望むことはなんだ。

感想

演劇はダンス(概念)

動ける人たちばかりによるアクロバットやダンス。

正直、話よりパフォーマンスを楽しんだ。

この話も割と抽象的だった。

人間に味方をする神と人間を争わせる神がいて、人間はどれを選ぶのか…みたいな?

衣装が豪華で素敵。

メイクもかっこいい。とりわけ高野くんがかっこいい。

みんな動けすぎる。

「天を推(すい)し歩く」 劇団『ズッ友』

劇団『ズッ友』:染谷俊之、赤澤 燈、唐橋 充、野口 準、松井勇歩

脚本・演出:松崎史也

◆星に興味を抱き、見える星の位置で距離が測れると考え、地図を作ることを50歳の男(推歩=伊能忠敬)は決意する。

止める息子(野口くん)を説得し江戸へ。

◆天文学者・高橋至時(染谷くん)に弟子入りする男。

◆日本地図を作ろうと考える至時。

松平定信(勇歩くん)の後ろ盾を得て、蝦夷へ向かうことになる男。

私財を投じて男と息子(野口くん)は江戸を立つ。

◆道中、間宮林蔵(赤澤くん)と出会い、共に旅をすることに。

しかし成果報告のために男と息子は江戸へ戻ることに。

林蔵は男を師と仰ぎ、蝦夷の測量を続ける。

◆江戸へ戻った男は林蔵が御庭番(忍び)ということを知らされ、監視されていたのではないかと勘繰る定信に、林蔵を信じると進言する。

東日本の地図の出来栄えに喜ぶ定信。

◆天を推し歩いたことを称え、至時は男を推歩と名付ける。

その後、至時は病気で他界。

師を失った悲しみで、地図を作ることをあきらめようとする推歩。

◆幕府直参の侍と認められた推歩は、至時の功績を残すという使命を感じ、地図作りを再開。

推歩の死後も、志を継いで無事に完成した日本の地図。

感想

脚本と演技が飛びぬけて良かった。

話は分かりやすくてきちんと流れになっていたし、唐橋さんが主人公なんて間違いなさすぎる。

くすっと笑えるシーンも所々にあり、客席から笑いも起きていた。

20分の尺でここまでまとめ上げるのはすごいと思う。

最後に日本地図を舞台いっぱいに広げるのもいい演出。

ふわっと地図(布)が浮き上がるのも素敵。

個人的にこれが一番よかったです。

演劇ドラフトグランプリ コメントなど

  • 「お客さんが美女ばかりで」ごますり染谷くん
  • 稽古場は同じだけど時間が違う
  • お互い他の劇団の内容は分からないが、小物は置いていたので予想はついた(特に野球)
  • 武道館の砂を持って帰ります(中屋敷さん)
  • 稽古は4日(流司くん)
  • 劇団「打」以外に(票を)入れた人のことは一生忘れません(流司くん)
  • 「どこで演劇をやってるの?」と聞かれたとき「武道館で」と答えられる(礼生くん)
  • 普段は笑顔です(福澤くん)
  • えんしゅ…演出家さん…って、言えないのやばいですね(高野くん)※噛んだ
  • スターを差し置いて私のセリフが多かったのは暇だったから(唐橋さん)
  • 母ちゃん(水野美紀さん)がイライラしていた(唐橋さん)
  • 演劇はなくても生ていけるけれどあったほうが圧倒的にいいもの(染谷くん)
  • 刺さった作品こそ皆さんの一番(荒牧くん)

演劇ドラフトグランプリ 全体的な感想など

演劇以外の時間が長かった。

約3時間弱で演劇の時間が20分×4。圧倒的少なさ。

1演目終わるたびに審査員のコメント、キャストのコメントが入る。

初めて見る脚本家さんや俳優さんもいて、新鮮な部分があった。

一度にいろんな俳優さんの演技を見られたのもよかった。

俳優さん一人一人がクローズアップされており、ちゃんとそれぞれ見せ場もあるので、俳優として顔と演技を覚えてもらえるいい機会だと思う。

個人的には面白い企画だと思うけど、演目が違いすぎるのでランキング付けするには難しい。

テーマを同じにするとかしたら、それぞれの劇団の個性がより分かりやすいのではないか。

脚本によっては、もっと尺があれば分かりやすいものとかもあると思う(でもこれ以上長いと色々難しい?)

とはいえ、また開催されるのであれは第2回目が見てみたい。

荒牧くんは企画者らしい振る舞いがかっこよかった。しっかり挨拶をしていました。

演劇を盛り上げるために頑張ってるなぁと感心します。

成長したなあ(何目線)2014年頃のKで荒牧くんを知ってからなので、余計そう思うのかも。

荒牧くんはこういう方向へシフトチェンジするのかな。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる