モリミュ初演・Op2ストーリー・キャストまとめ ミュージカル「憂国のモリアーティ」

ミュージカル「憂国のモリアーティ」、通称モリミュの初演・Op2のまとめ記事です。

2021年8月上演のOp3 -ホワイトチャペルの亡霊-を見る前のおさらいとして、モリミュ初演Op2-大英帝国の醜聞-についてまとめました。

  • 公演概要
  • ストーリー
  • キャスト
管理人

個人的にあればいいなーと思って作成しました

もくじ

ミュージカル「憂国のモリアーティ」(初演)

公演概要

東京公演:2019年5月10日(金)~19日(日) 天王洲 銀河劇場

大阪公演:2019年5月25日(土)・26日(日) 柏原市民文化会館リビエールホール 大ホール

あらすじ

第一楽章「モリアーティの誕生」

ウィリアム(鈴木勝吾)とルイス(山本一慶)の移り住んだ町ダラム。
この地に住むある労働者夫婦、バートンとミシェルは、
その地を代々治める横暴な領主のダブリン男爵(山岸拓生)に、深い怒りを抱いていた。
彼らの依頼を受け、ウィリアムは“犯罪相談役”として動き出す…。

第二楽章「ノアの方舟」

豪華客船ノアティック号の処女航海。
華々しい宴の裏で、エンダース伯爵(小南光司)による“人狩り”が行われようとしていた。
地上にいる“悪魔”を地獄に落とすため、ウィリアム一行は船に乗り込む。
アルバート(久保田秀敏)が指揮するMI6による工作が順調に進む中、
ウィリアムの前に唐突に現れた一人の男、シャーロック・ホームズ(平野良)。
宿命の2人がついに出会う…!


第三楽章「シャーロックホームズの研究」

ウィリアムはシャーロックこそが自身の仕立てる“犯罪劇”の主人公にふさわしいと、
彼を審査オーディションすることに決める。
ウィリアムたちの手引きで、ある貴族殺しの“殺人事件”の犯人として
ロンドン市警に逮捕・投獄されたシャーロック。
シャーロックは背後で糸を引く“何者か”を暴くべく、
ジョン・H・ワトソン(鎌苅健太)と共に捜査に乗り出す…。


引用:ミュージカル「憂国のモリアーティ」

舞台版と被っているストーリー

第一楽章「モリアーティの誕生」(舞台版は、他の話の間にエピソードが少しづつ挟まれています)

原作を読んでの補足

第二・第三楽章は原作漫画の通りに、ウィリアムとシャーロックの出会いから、ウィリアムのとある計画までを描いています。

キャスト

モリアーティ陣営

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ(鈴木勝吾):モリアーティ家の次男 数学教師 クライムコンサルタント

アルバート・ジェームズ・モリアーティ(久保田秀敏):モリアーティ家の長男 陸軍のちにMI6の指揮官M

ルイス・ジェームズ・モリアーティ(山本一慶):モリアーティ家の三男 ウィリアムの実弟

セバスチャン・モラン(井澤勇貴):元軍人 モリアーティ家の使用人

フレッド・ポーロック(赤澤遼太郎):変装が得意 犯罪相談役 モリアーティ家の使用人

シャーロック・ホームズ(平野良):諮問探偵

ジョン・H・ワトソン(鎌苅健太):元軍医 シャーロックの助手

ジョージ・レストレード(高木俊):ロンドン警視庁の警部 警察がお手上げの事件をシャーロックに依頼

ミス・ハドソン(七木奏音):シャーロックが住むアパートの家主

ミュージカル「憂国のモリアーティ」Op2 -大英帝国の醜聞-

公演概要

東京公演:2020年7月31日(金)~8月10日(月・祝)天王洲 銀河劇場

京都公演:2020年8月14日(金)~16日(日) 京都劇場

あらすじ

第一楽章「バスカヴィル家の狩り」

ロンドンの貧民街で子供たちの誘拐事件が発生していた。
フレッド(赤澤遼太郎)はそれが貴族の“人狩り”によるものだという情報を掴む。
子供たちを救いたい気持ちと、ウィリアム(鈴木勝吾)の計画に邪魔になるのではないか
という迷いで、思い悩むフレッド。その想いをモラン(井澤勇貴)に相談するが…。


第二楽章「二人の探偵」

“犯罪卿”という至高の謎の虜になった探偵シャーロック・ホームズ(平野良)は
ヨークからロンドンへ向かう汽車の中でウィリアム(鈴木勝吾)と再会する。
歓談の最中突如起きる殺人事件。その容疑者は相棒のジョン(鎌苅健太)だという。
真の容疑者を見つけるため、ウィリアムとシャーロックが競い合う!

第三楽章「大英帝国の醜聞」

陸軍省情報部長官のマイクロフト(根本正勝)は、ヴィクトリア女王より
王室から盗み出された重大な“機密文書”を取り戻すよう指令を受ける。
ターゲットは“あの女”と呼ばれる、アイリーン・アドラー(大湖せしる)。
アルバート(久保田秀敏)が指揮するMI6は、文書奪還とアイリーンの抹殺に動き出す。
同じ頃、アイリーンはシャーロックへと接触を果たしていた。
“禁秘”の文書の内容と、アイリーンの真の“望み”とは…!?
犯罪卿と名探偵、美貌の悪女。奇妙な三角関係が、大英帝国の醜聞を暴き出す――。

引用:ミュージカル「憂国のモリアーティ」Op2-大英帝国の醜聞-

舞台版と被っているストーリー

第一楽章「バスカヴィル家の狩り」・第三楽章「大英帝国の醜聞」

(正確には、「大英帝国の醜聞」の中に「バスカヴィル家の狩り」が差し挟まれています)

原作を読んでの補足

第二楽章「二人の探偵」はウィリアムとシャーロックの犯人探しです。

列車で偶然出会った二人が犯人探し勝負をしますが、別々の方向から推理していく面白さと、ウィリアムの手腕に脱帽。

キャスト

モリアーティ陣営

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ(鈴木勝吾):モリアーティ家の次男 数学教師 クライムコンサルタント

アルバート・ジェームズ・モリアーティ(久保田秀敏):モリアーティ家の長男 陸軍のちにMI6の指揮官M

ルイス・ジェームズ・モリアーティ(山本一慶):モリアーティ家の三男 ウィリアムの実弟

セバスチャン・モラン(井澤勇貴):元軍人 モリアーティ家の使用人

フレッド・ポーロック(赤澤遼太郎):変装が得意 犯罪相談役 モリアーティ家の使用人

シャーロック・ホームズ(平野良):諮問探偵

ジョン・H・ワトソン(鎌苅健太):元軍医 シャーロックの助手

ジョージ・レストレード(高木俊)ロンドン警視庁の警部 警察がお手上げの事件をシャーロックに依頼

ミス・ハドソン(七木奏音)シャーロックが住むアパートの家主

アイリーン・アドラー(大湖せしる)イギリスの醜聞を握る女性

マイクロフト・ホームズ(根本正勝)シャーロックの兄 陸軍情報部

モリステ 1・2作目のストーリー・キャストまとめ

まだモリミュは見たことがないので、自分用も兼ねてまとめました。

舞台版とストーリーが被っているものは半々ぐらい。

ミュージカル版は原作順にウィリアムとシャーロックのストーリーを追っている感じですね。

(舞台版は前半がモリアーティが貴族に罰を与える話、後半が、大英帝国の醜聞に入るという流れでした)

キャストは歌うまが勢ぞろいで、評判もかなり良いみたいで、ぜひ見てみたいです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる