山鳥毛 特別公開レポ 備前長船刀剣博物館(2021)

2021年に夏季特別展として、山鳥毛の展示会が備前長船刀剣博物館でありました。

去年行きそびれたので、今回こそはと意気込んでいってまいりました。

※残念ながら岡山県「まん延防止等重点措置」適用のため8/20~9/12まで休館となります。

それに伴い夏季特別展も終了となっています。

目次

山鳥毛 展示会レポ 備前長船刀剣博物館 夏季特別展(2021)

備前長船刀剣博物館は、のどかな田舎町に建っています。

本館は1階に1部屋、2階に1部屋+記念館を備えたこぢんまりとした博物館です。

他にも鍛刀場や工房などを備えており、刀剣に興味のある方は作業過程を自由に見学することができます。

小さいながらも綺麗で設備が整った博物館だと思いました。

備前長船刀剣博物館の詳細はこちらから>

山鳥毛はガラスケースに入れられ、警備員さんに守られながら2階にありました。

非常に派手な刃文は、他の刀剣とは一風を画す華やかさがあります。

身幅がしっかりあり、さすが国宝といった堂々たるたたずまい。

根元近くには刃こぼれのあとがあり、実際に使用されていた様子がうかがえます。

とにかく派手で個性がある刀だなと思いました。

連れは刀剣に関して全くの無知なのですが、「刃文が揺らめく炎のようだ」と感心していました。

「あの刃こぼれは攻撃されて受け止めた時にできたに違いない」などと思いを馳せるあたり、刀剣を知らない人にも強く印象に残る刀なんだと感じました。

それほどまでに圧倒的な存在感でした。

山鳥毛のパンフレットと入館チケット。

紺色が大人用で、水色が子供用。1人1部までということで連れには子供用を取ってもらいました。

内容は同じでした。

山鳥毛の見どころを分かりやすく解説しています。

山鳥毛 展示会レポ  刀剣男士はこちらです

博物館を出て裏手に回ったところで、刀剣男士のパネルがあったはずだと思い出しました。

歩いていくと「刀剣男士はこちらです」という張り紙が(笑)

研修館に山鳥毛のパネルが飾られていましたよ。

写真では分かりにくいですが、山鳥毛のイラストには山鳥毛(刀)の刃文が綺麗にありました。

ゲーム内だと分かりにくいですよね。

駐車場にはラッピングバスも!

ブルーが良く映えてかっこいいです!

タクシーもあるようですが、残念ながら見ることができませんでした。

山鳥毛展示会レポ あとがき

私が行ったのは、雨がほそぼそと降る夕方でした。

人混みは避けようと思い、予約がほぼ入っていない時間を選びました。

結果、大正解。ゆっくり展示を見て回ることができました。

真田信繁のものだと伝えられている村正や、徳川家にゆえんのある家の刀もありました。

どうやって使うんだろうという大きい刀もありました。

スタッフの方が説明してくれたりして、刀剣初心者にとってはとても楽しかったです。

そういえば、今回の展示物を見て「丁子乱れ」がとても好きな事に気づいた。

刃文がもくもく雲のようでとてもかわいい感じがする(笑)

丁子刃は菊の花びらにも例えられるそうです。

ふれあい物産館には刀剣グッズがいっぱいありました。

応援の意味も込めていくつか購入しましたよ。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる