松井江(まついごう)の由来と来歴 「例外」の意味とは 刀剣乱舞

「松井江(まついごう)」の由来と来歴をサクッと解説。

松井江は、持ち主である松井興長とその主君・細川家の影響を受けた刀ではないでしょうか。

他の江シリーズと合わせてお読みくだされば幸いです。

>>他の刀剣男士の由来と来歴も見てみる

もくじ

打刀 松井江

出典:佐野美術館
名物 松井江
朱銘 義弘 本阿(花押)
種別重要文化財
種類打刀
時代南北朝時代
刀工江義弘
寸法刃長 69.4 cm 反り 1.8cm
所蔵佐野美術館所蔵

朱銘「義弘 本阿(花押)」は本阿弥光常によるものです。

裏に「義弘」表に「本阿(花押)」と入っています。

茎に赤い字があるので分かると思います。

本阿弥家が無銘の刀を鑑定し、朱色で作者名を書くことを「朱銘」と言います。

松井江が見られる展示会

佐野美術館「名刀百花」

令和4年1月8日(土)~令和4年2月13日(日)

一般・大学生1,100円 小・中・高校生550円
※土曜日は小中学生無料

佐野美術館

〒411-0838 静岡県三島市中田町1-43

TEL 055-975-7278

号(ごう)

作者や所有者の名前、由来や形状、逸話などのエピソードに関連してつけられる。

愛称のようなもの。


銘(めい)

作者や所持者、製作期間が入れられている。

ブランドやメーカーのようなもの。

松井江の鞘

出典:未来の森ミュージアム

熊本県の松井文庫には、松井江を納めていた「朱塗打刀鞘」が現存しています。

「八代城主松井家の武器と武具」の展示室や作品、解説を掲載した「鑑賞ガイド」(PDFファイル)が公開されています。

「朱塗打刀鞘」は51ページに掲載。

刀工 江義弘

江義弘(ごう よしひろ)は郷義弘とも表記。

「郷」越中国新川郡松倉郷に住んでいたから

「江」本名の「大江」から

江義弘は越中で刀工を学んだ後に、21歳で相州(鎌倉)の岡崎正宗の弟子に。

正宗の極めた「相州伝」という作風を基調とし、地刃ともに明るく冴えた美しさがあることが特徴。

政宗十哲の一人で、江義弘、相州正宗、粟田口吉光は「名物三作」と呼ばれ珍重されました。

江義弘と銘の入ったものは皆無で、本阿弥家(鑑定家)が極めた(鑑定した)もの、銘はなくとも伝承でそう伝えられているもののみ。

そのため偽物が多数出回っているようです。

江義弘の刀は入手困難であり、「郷とお化けは見たことがない」と言われるほど貴重。

江義弘が打った刀

稲葉江、富田江、桑名江、松井江、村雲江、豊前江、五月雨江、

北野江、松倉江、横須賀江、篭手切江、鍋島江、長谷川江、中川江 など多数。

松井江 名前の由来

肥後熊本藩主の「細川家」に仕える家老「松井興長」(まついおきなが)が所持していたことから、松井江と呼ばれる。

「細川」とは、歌仙兼定を所持している細川忠興のことです。

松井興長は、忠興より細川家4代(細川忠興➡細川忠利➡細川光尚➡細川綱利)に仕えています。

松井江の来歴

スクロールできます
松井興長が所持
松井家➡徳川将軍家が所持
1685年第5代将軍綱吉の娘「鶴姫」が徳川綱教(紀州徳川家)に輿入れ
その際の引き出物になる
1685年3月本阿弥光常が金200枚の折紙(鑑定書)をつける
紀州徳川家が所持
1933年(昭和8年)紀州徳川家より売りに出され、2390円で落札
1935年(昭和10年)重要美術品に認定(伊藤平左衛門氏 所有名義)
1954年(昭和29年)重要文化財に指定 (権藤尚一氏 所有名義)
1961年(昭和36年)「正宗とその一門」では佐野隆一氏 所有
現在佐野美術館所蔵

記録にある一番古いもので、細川家の家老である松井興長が所持しています。

これ以前のことは分かっていません。

その後、将軍徳川家に伝来。

熊本の八代城(やつしろじょう)で隠居していた細川忠興が死去。

松井興長が八代城を預かることとなり、幕府の朱印状(公文書)をもらっています。

元々幕臣であった松井家は、幕府から功績を認められた「一国一城の例外」に当たります。

このやり取りの中で、松井江が将軍徳川家に献上された可能性もあるようです。

嫁入りした鶴姫と共に紀州徳川家へ。

その後、紀州徳川家に伝来。

昭和に入り、紀州徳川家から売りに出されます。

昭和初期の2390円は、現在の価格で500万前後だと思われます。

昭和36年には佐野氏が所有。

現在は、佐野氏の寄付で建てられた佐野美術館に所蔵されています。

一国一城の例外」とは

「一国一城」とは「ひとつの国に城はひとつだけ」という幕府の命令です。

しかし、藩によっては土地が広くてひとつの城では治めきれなかったり、

幕府(徳川家)と親密だと、城を複数持つことが許されました。

これが「例外」と言われ、ひとつの藩に複数の城を置くことができました。

刀剣男士 松井江

前述のとおり、松井興長の主君は、細川忠興➡細川忠利➡細川光尚➡細川綱利の4名。

松井江の言動には、主君も関係していると思われます。

「例外」(一国一城の例外)は松井家と関わりのある言葉ですし、松井江の「例外」も細川家が起点だと考えます。

「例外」として幕府から重宝された松井興長だけに、松井江もそれを受け継ぎ優秀だと思います。

実務が得意、というところからも察せられますね。

また、血にこだわるところを見るとやはり(色んな意味で)例外と言えるでしょう。

血にこだわる理由としては、松井興長の主君である細川忠興が「血の粛清」をしていたため、でしょうか。

(細川忠興はめちゃくちゃ厳しい人で、敵どころか、従わない家臣も切り捨てていた)

他に「血」にまつわることで考えられることとして、松井興長存命中にこのような出来事がありました。

  • 松井興長が、島原の乱に幕府軍として参戦していた。
  • 細川忠興の妻である細川ガラシャは敬虔なキリシタンだった。
  • 阿部一族の立てこもり事件。

松井江が治められていた朱鞘は綺麗な赤で、血を連想させるような美しさだと思いました。

貴公子っぽい格好でもあり、瀉血などの西洋医学の言葉も使うことから西洋と関係がある?と思いましたが、どうでしょうか。

細川忠利のワイン好きぐらい?(血と関係ないですね)

血にこだわり、洋風の衣装ということで、吸血鬼がモチーフになっているのかもしれません。

ただ、吸血鬼は血を流したりしないから違うかな。

阿部一族の立てこもり事件とは?

細川忠利の死が近づいた時、家臣は次々と殉死を願い出ます。

阿部弥一右衛門も殉死を願い出ますが、許可がおりません。(忠利が弥一右衛門を疎んじてたから)

しかし「命を惜しんでいる」と誹謗され、阿部弥一右衛門は切腹。

もちろん殉死とはみなされず、阿部家は降格させられます。


これに憤慨した長男の阿部権兵衛は、細川忠利一周忌で髷を切り落とし(非礼に当たる)投獄されます。

これを聞いた阿部一族は屋敷に立てこもりますが、全員が討ち取られてしまいました。

松井江 入手方法

イベント・キャンペーンでの入手

現在の入手方法はイベント・キャンペーンのみとなります。

  • 定期的に開催されている「秘宝の里」の報酬で入手可能。 ※年2~3回開催
  • シールキャンペーンで引換シールを集めて入手可能。 ※年数回開催

簡単に入手できるのは、シールキャンペーンです。

ログインで引換シールを貯めるだけなので、誰でも入手可能です!

松井江 レシピ

鍛刀での出現なし。

松井江 ドロップ

ドロップなし。

松井江を極にする

まだ極は実装されていません。

実装後に記載します。

極に必要な条件はこちら(全刀剣共通)

  • 6面「池田屋の記憶」の池田屋一階(6-4)をクリアする
  • 手紙一式・旅装束・旅道具を持っている

●条件を満たしても修行が発生しない(こんのすけが出てこない)場合は、ログインし直してください。

●修行は一度出すと96時間帰ってきません。戻す方法もありませんので注意です。

●極の姿から元の姿に戻すことはできません。ボイスも変わります。気になる方は、2振り育てておきましょう。

>>他の刀剣男士の由来と来歴も見てみる

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる