最遊記歌劇伝-Sunrise-ニコ生配信 視聴感想 ネタバレあり

2021年2月14日(日)大阪千穐楽のニコ生配信の視聴感想です。

ネタバレありで話していますので、観劇予定の方は見ないでね。

役名キャスト名ごっちゃで、見た人にしか伝わらないかもです。

¥9,680 (2021/04/23 16:16時点 | Amazon調べ)
もくじ

最遊記歌劇伝-Sunrise- 2月14日(日)12:00公演

ニコ生視聴が初見です。

今作はブリアルのハイライト、オアシスの三蔵サイド、ヘイゼルとガトの過去と闇、烏哭と三蔵一行との戦い、と盛りだくさんになっております。

最初の30分は今までのダイジェスト版で、過去作を見ていると懐かしく感じると思う。ブリアル再び。

次はオアシスの三蔵サイドに話が移行。三蔵とヘイゼルのやり取りを鈴木くんで見られて嬉しい。

歌うパートが変わってて「あなたに伝えたい」が三蔵に。(オアシスでは悟空とヘイゼルだったと思う)
三蔵とヘイゼルのハモリは相変わらず良い。

ヘイゼルとガトの過去を掘り下げ。ヘイゼルの幼少期はダークネスでも途中までやってましたね。

今回はヘイゼルがなぜあの力を持つに至ったか、ガトを従者にしたかなど詳しく描かれています。
ヘイゼルの謎が解けますよ。天使ちゃんの謎。

ヘイゼルのナンバーはどれも大好きなのですが今回の新曲も良かったです。メロウブラックって歌。お洒落なナンバー。
そしてヴラハルへの豹変ぶりに驚くこと間違いなし。ヴラハルの歌も法月くんの声で聴きたいなぁ。

法月くんはとにかく歌が美しすぎてずっと聞いていたい。毎回思います。

そして今回も差し挟まれる面白シーン、その名も「あの人に会いたい」
うじさんと唐橋さんが面白すぎて、最後に悟空のスロー攻撃が来るのもお約束すぎて(笑)(個人的にはダークネスのが一番好き)

中盤の三蔵ソロ部分で鈴木くんまたうまくなったなあと思った。声の伸びが良いし堂々と歌ってる。
歌の途中で三蔵と光明が並ぶところがあるけど、あそこめちゃくちゃアガります。金髪2人で見栄えもいいんですよね。

でもほんと公演を追うごとにみんな歌うまくなってる。カテコで悟空が「三人は(悟空と八戒と悟浄)歌がうまくなった」とちょけてたけど、本当だよと思いました。

悟空は歌多いです。
鯛造くんは歌うまとまではいかないけれど朗々と楽しそうに歌うので、聞いている方も気持ちが良いのです。

烏哭vs三蔵は必見。ボコられる三蔵も必見。
さりげない烏哭のバク転かっこいい。無天経文の演出がかっこいい。指パッチンがかっこいい!
かっこいいしか言ってない気がしますが、同意していただると思います。
しかし、こんな強い人どうやって倒すんでしょうね。

3人が無から三蔵を救い出すところは仲間感があって素敵。
いつの間にか3人は三蔵の光になってたんだ、と嬉しくなるシーン。
と同時に、3人がはしゃぎすぎてもみくちゃにされる三蔵(笑)

ボロぞうきん三蔵の扱いが面白いです。
三蔵は人間だから倒れたりうめいたり這いつくばるのが多いけど今作は特に多いですね。
しかもお顔が血まみれ・あざだらけに。

ヘイゼルをイラつかせる八戒は最高。煽るねぇ。輝いてた!

オアシスの悟空の悲しみのシーンでヘイゼルが歌ったメロディを、今作では悟空がヘイゼルのシーンで歌います。
もうこういうところ!歌劇伝はこういう演出が憎いぐらいうまい。
前作を見た人には分かる部分が多いのも歌劇伝ならではだと思います。

始めましての悟浄役、平井くんですが歌がうまいのと、声が優しそう。
原作イメージはどちらかと言えば太陽くんが合ってるなと個人的に思いますが、引けを取らない出来栄えでした。
公演を重ねればさらに良くなりそうです(上からですみません)大千穐楽が楽しみ。

少年ヘイゼルの子(土方柚希くん)歌もお芝居もうまいしかわいい。今までの子役の中で一番好き。

唐橋さんは今作のMVPですね。
殺陣も多いしセリフも多い。セリフで噛んだ部分が1か所あったけどキャラに乗せてきてさすがだねと思った。

唐橋さんも声が良いし、長セリフもめちゃくちゃ聞き取りやすい。歌もうまいしね。
動きも良くて、悟空や悟浄の攻撃をひらりひらりとかわす感じが余裕たっぷりです。

もう一人のMVPはもちろんヘイゼル。
ただの天才エクソシストかと思ってたら、かなり重い闇をお持ちでした。

烏哭にヴラハルを消されたら、ヴラハルがヘイゼルの中にいた時の記憶も消えたって解釈で合ってるかな。
でも心ではガトを憶えていて…泣ける。
ヘイゼルのアカペラが切なく、涙が美しいです。

今作も三蔵の「ささる」セリフをたくさん聞けて満足。
「五分の魂」とか「生きて変わるものもある」とか、口は悪いけど物事の本質をついた言葉がすごいなあといつも思う。
三蔵のお坊さんらしさが垣間見えるシーンでもあり、特に好きな部分であります。

キャラのセリフを通して訴えかけてくるものがすごく伝わってきます。
これが長きにわたり原作が愛されている理由のひとつですよね。

三蔵役鈴木くんはもう安心と信頼って感じですね。
ウイッグが綺麗でビジュアル良いです。アイメイクは薄いなと思った。でも相変わらずの美人。
そもそもお顔がすでに三蔵だもん。12月まで見てた蔵馬とは表情から何から全然違う。すごいよね。
歌も良くなってるし、お芝居や立ち居振る舞いはもちろん言うことなし。
べた褒めです。

サンライズはかっこよさ満載で、おちゃらけたシーンが少なめと感じました。

とにかく見どころだらけで最遊記ファン、俳優ファンともに満足な出来栄えだと思います。
書きたいことまだまだありすぎて追いつきません。

ただ完全初見の場合は場面転換についていきにくいかも。
歌もいろいろ入ってて嬉しい反面ワンフレーズとかこま切れも多いので、じっくり聞きたい方は過去作を見よう。

三蔵の「さあ、リロードは済んだぜ」が集大成を感じるとともに、終わりなんだとちょっとしみじみしました。

最遊記歌劇伝-Sunrise- 2月14日(日)17:00公演

開演時間より5分前に影ナレにがあるのを失念していて、マチネでは途中からになってしまったのをしっかり確認。
昼とメンツが変わってて、歌劇伝のこういうとこ!好きだ。終演後の影ナレも変わってたよ。

マチネでストーリーは確認したので細部や歌を重点的に楽しみました。

最初音ズレがあったけど対応してくれてよかった。たまに止まってたけど。画質は良かったです。

全体的にマチネと比べて歌がよくなってると思います。特に平井くんが安定していたのはソワレのような気がする。

カメラワークもいい。三蔵がお経を読むところは神々しくて、八戒の歌も良くて最高。

烏哭と光明の歌が所々にありますがこれもよき。以前から2人のシーンはほんと好き。

烏哭が少年ヘイゼルをかどわかすところが怖くて、悪い大人だーと思いつつ見てました。
2回目でも発見がたくさんあります。

ボロぞうきん4枚の会話が一行らしくてファンにはたまりません。

日替わりは少年ヘイゼルが烏哭に最初に話しかけるところ、烏哭が数か所と、「あの人に会いたい」変な2人組のところ、3人の香水パロのところ(ガチじゃんけんっぽい)かな?カテコの悟空のセリフも違うな。

舞台所作が好きで、歌劇伝は法衣や和服が多くひらひらさばきが楽しめるのも好きなところのひとつ。

烏哭が法衣の裾をちょっと上げて登場するところや、ヘイゼルが座る時法衣の裾をさばくところ、三蔵の袖を翻しながらの立ち回りは言わずもがな。

さらに烏哭のワープや三蔵の血のり、黒い羽根など、舞台だからこそできる仕掛けが興味深いです。

¥9,680 (2021/04/23 16:17時点 | Amazon調べ)

↓WOWOWとニコ生同時再生をして気づいた部分なども書いています。是非ご覧ください。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる