「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- ネタバレなし 刀ステ

「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- を見るか迷っている方への、感想や情報です。

まだディレイ配信に間に合うので、もしよければ読んでいってくださいね。

ネタバレはしていません。

舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣- 特設ページ – DMM.com 動画
もくじ

「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- 視聴感想 ネタバレなし

あくまで個人の所感ですので、参考程度でお願いします。

全体の感想

  • エンタメ色がさらに強く、天伝とは違うテイストの作品
  • ステアラの演出がパワーアップ
  • 映像演出・変わった演出があり、好みが分かれるところ
  • 真田十勇士の出番が多めで、たまに劇団新感線風味
  • 刀剣男士の演技はほぼ安定、十勇士の演技がいまいちな部分も
  • 殺陣は少しゆっくりな部分がある(2・3公演目だからこれは仕方ない)
  • 1幕はワラワラ楽しく省エネ(体力的に)、2幕が激熱殺陣祭り
  • ゲーム内セリフが多い
  • メイクや衣装、ウイッグがきれい(刀ステ比)

刀剣男士の出番

出番は多い順(体感)

三日月
大千鳥十文字槍、真田十勇士全員分
泛塵と鶴丸
長谷部と薬研
数珠丸と骨喰

と言っても極端に差があるわけではないです。

それぞれに出番や見どころは用意されています。

真田十勇士が数人ずつ刀剣男士と絡むシーン多し。

刀剣男士の殺陣

1幕の殺陣はたまにある程度。

2幕はがっつり殺陣があります。

三日月の殺陣がダントツに多く、その次は長谷部と大千鳥。

他の刀剣男士も単独で何回か殺陣があります。

殺陣目当てだと2幕丸々楽しめると思います。

「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- ネタバレなし 刀剣男士の感想

あそこのこれがいいんだよーと書けないので控えめ。

ネタバレあり記事で後日語ります。

三日月

相変わらず殺陣がすごくて、三日月一強って感じです。

高台院との会話やカテコが非常に良き。

コミカルな部分と真剣な表情、高台院に見せる表情など、色んな三日月を見られる。

2幕で見せどころがドドーンと来るので、三日月目当ての人は絶対見るべし。

鶴丸

三日月の相方的存在で掛け合いも楽しい。

遊びの部分(回替わり)が何か所かありそう。

好奇心旺盛で、なんでも珍しがって楽しんでる感じがまさに鶴丸。

鶴丸と三日月はお互い分かってる感が強くて、いい関係だと思います。

長谷部

部隊長なんです(強調)

かっこいいし、見どころしっかりあります。

カテコも長谷部っぽくて好き。

長谷部推しにも配信おすすめします。

薬研

かっこいい短刀は健在。

太ももが気になる方は配信をチェックです。

すごく出張っているわけではないけど、要所でちゃんと押さえてくる安心感。

大千鳥十文字槍

槍の殺陣がかっこいい。

情に厚く、しっかり者。

真面目なシーンが多い。

確固たる信念がある。

泛塵

ストーリーテラー的役割を担っています。

展開上、しばらく1人の出番がある。

しっかりした考えの持ち主で冷静沈着な刀。

数珠丸

殺陣はおとなしめだけど強い。

常識人で優しい。

骨喰

三日月の理解者。

出番控えめ。

真田十勇士

好き嫌い分かれるかな。

演技が比較的うまい人とうーん…?な人がいる。

(演技として狙ってやっているかは分からないので、また配信があれば分かるかも)

公演を重ねるごとに良くなることを期待。

「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- ネタバレなし その他所感

個人的には好きな作品です。

全体の完成度は高いと思います。

刀剣男士、特に虚伝組は演技・殺陣ともに安定していて、目当ての刀がいる審神者は見るべしです。

刀剣男士のビジュアルは良いです。

衣装やウイッグは、新調したかライトの加減かは分かりませんが、きれいだと感じました。

メイクは薄いかな?

三日月は白いけど、ライトの加減で普通に見えるからいいのかな。

天伝とは違うテイストになっており、好き嫌い分かれるところだと感じました。

天伝と同じ感覚で考えていると、なんか違うぞってなると思います。

映像演出、その他演出も天伝ではしていないものがあるので、好き嫌いあるかも。

刀剣男士は活躍してますが、やはり真田関係もそれに合わせて出てくるので、ここも評価が分かれるところです。

個人的には少年漫画を意識したような熱いシーンもあり、面白いしかっこいいと思いました。

「刀ステなら何でもこい」な人や刀剣男士に推しがいる人、ストーリーを俯瞰でとらえる人にはおすすめ。

エンタメ色が強い刀剣乱舞なので、いつもの雰囲気とはちょっと違うかなあと思います。

とはいえ、刀剣男士はいつものノリなので大丈夫です。

1幕は会話劇や面白いシーンが多め。

目が足りないワチャワチャシーンもあり。

2幕はがっつり殺陣。

特に三日月の殺陣は他の2倍以上あると思います。

1幕・2幕と、動く部分でのメリハリがついた感じですね。

「三日月・鶴丸」「長谷部・薬研」「数珠丸・骨喰」「泛塵・大千鳥」のペアでの行動が多い。

と言っても、天伝のペアの立ち位置とはまたちょっと違うように感じました。

高台院はさすがですねー!

貫禄もあるし、かわいいところもある。歌も上手!

豊臣秀頼、三日月それぞれと絡むシーンは必見。

ストーリー的には、天伝の話を受けてのものなので特に難しくない。

というか、むしろ分かりやすい部類です。

悲しいシーンもありますが、全体的には熱くて勢いがある印象。

基本、刀剣男士vs真田十勇士なんですが、そうでもない部分もある。

考えさせられる部分でもあるし、面白いと思います。

「舞台刀剣乱舞」无伝 夕紅の士-夏の陣- 配信見るならどっち?

定点版は全景、スイッチング版は寄りで演技や表情をしっかり見られます。

今回ばかりはどっちも「買い」と言いたいです。

というのも、寄り(スイッチング版)でも十分楽しいのですが、みんなでワチャワチャしているシーンで推しを抜いてくれないと、どこで何してるか分からん!ってことがあるんですよね。

せっかく楽しいシーンなのに推しを映して!ってなります(笑)

ステアラは舞台の幅が長く、端に寄ると見切れがけっこうあるのです。

あと、ライトの使い方(かっこいいです)とかセット込みで見たいとかだと、全景がいいですね。

どっちかひとつ、というなら「スイッチング版」がおすすめ

推しを定点しているなら、補完するために「定点版」って感じでOKだと思います。

舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣- 特設ページ – DMM.com 動画

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる