カミシモ 4話あらすじネタバレ ロングリードのリードはどっち? あいつが上手で下手が僕で

カミシモ4話あらすじネタバレ感想のご紹介です。

タコパしようとする島たち。

ネタを書くやつが偉いかでもめる。

湾野の焦りと犬飼のフォロー。

カミシモはhuluで全話見られます。無料トライアル中は一切料金がかかりません。

日テレドラマ
もくじ

カミシモ 4話あらすじネタバレ

2階の楽屋でネタを書く時浦(荒牧慶彦)、鳴海(崎山つばさ)、湾野(橋本祥平)とそれに付き合う犬飼(田中涼星)。

ロングリードは湾野がネタを書き、それを犬飼がパソコンに入力する役割分担だ。

2人の息はピッタリで時浦と鳴海はうらやましく思う。

1階の劇場では島(和田雅成)たちがのんきに飲み会をしようとしている。

島は犬飼に手伝いを頼んでいたが、湾野は「犬飼を誘うな、大事な時期だから」と文句を言う。

島と湾野は険悪なムードに。

犬飼は2人の間に割って入り、島に謝る。

ロングリードの湾野と犬飼は幼馴染のコンビで、かわいいいと人気があったらしい。

人気のせいで先輩芸人から疎まれ、それにイライラしていた湾野。

かわいいと揶揄され、湾野が先輩芸人に噛みつき(物理)島流しにあったという。

ネタを書く3人+1人にはお構いなしでタコパを開こうとする面々。

蛇谷(鳥越裕貴)と島は時浦を誘うがにべもなく断られ、鳴宮も静かにしろと苦言を呈する。

「ネタを書くやつが偉そうにするな」と言う島。

「書かないやつよりは偉い」と返す鳴宮に島は怒るが、蛇谷がなだめようとする。

しかし、湾野までもが「ネタを書いているのに邪魔するとか頭おかしいんじゃないですか」と文句を言い出し、蛇谷がカチンとくる。

しまいに、「うるせえな!書かねえやつは黙ってろ」と時浦までもが参戦。

止めに入ったスタッフに湾野が噛みついて(物理)、時浦は呆れる。

1階ではタコパが開かれ、ワイワイ騒いでいる。

たこ焼きのいい匂いが2階まで上がってきて、時浦と鳴海は落ち着かない。

しかし湾野は必死でネタを書いている。

犬飼の代わりにパソコン入力を手伝おうとした時浦は、手書きのメモを見てやめる。

湾野の字が汚すぎて読めないからだ。

「俺の字を読もうとしてくれるのは犬飼だけ」と笑う湾野だったが、

「俺たちはこのままだと、一生抜け出せないと思うんです」と不安と焦りを感じている。

なぜ蛇谷と組んだか知りたがる湾野に、鳴宮は「あの人は俺に無いものを持っている」と語る。

「ネタを書くやつにしか分からないこと」を語り合う3人だった。

翌日、湾野が書いたネタを披露するが、全く受けないロングリード。

犬飼はフォローするが、湾野は自分のネタのせいだと自己嫌悪に陥る。

湾野がスタッフに呼ばれて舞台へ行くと、みんな揃って締めのあいさつをしていた。

犬飼は先輩いじりでみんなに突っ込まれている。

客席は笑いに包まれいい雰囲気だ。

先輩付き合いが苦手な湾野の代わりに、犬飼が先輩との付き合いを頑張っているらしい。

犬飼は湾野をフォローしたりいじったり。

みんなが湾野ちゃんかわいいと言う中、湾野は一瞬「やめてくださいよかわいいとか」と一瞬険しい表情をするが、犬飼の期待の表情を見てすぐにうまく返す。

舞台を降りた湾野は犬飼に礼を言い、仲良く反省会をしに行くのであった。

時浦も反省会をしようと、島を誘う。

「いつかたこ焼きも頼む」時浦の言葉ににやりと笑う島だった。

カミシモ 4話感想

今話はロングリードの過去話と絆のお話。

湾野に犬飼がついているように見えて、実は犬飼がリードを握っているという非常にかわいい2人。

ワーワー言ってる祥平くんがかわいいわ。

雅成くんがめっちゃやんちゃな役で、すぐに誰かと衝突するのが面白い。

結構口が悪いというか、荒い感じがあって、なかなか舞台ではお目にかかれない姿だなと思います。

ホントにたこ焼き焼いてた。おいしそう(笑)

今話は珍しくまっきーが怒鳴ったりして、こんなまっきーの演技初めて見たわって感じです。

他のコンビを通して、エクソダスの2人の絆も深まってます。

いい感じなんですよ、2人の空気感とか。

さすが仲良しだけあって息ピッタリだと思います。

お笑い部分ではアマゲンを推していますが、人物としてはつばさくん扮する鳴海が好きです。

湘南劇場では一番の実力者っぽい。

ちょっと悟った感があったり、落ち着いているところがいいですね。とても貫禄がある。

次回はアマゲンに何か起こりそうです。

カミシモはhuluで全話見られます。無料トライアル中は一切料金がかかりません。

日テレドラマ

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる