泛塵(はんじん)の由来と来歴 大千鳥・日向との関係は? 刀剣乱舞

2021年1月に実装された刀剣男士、泛塵(はんじん)についてサクッと解説。

また大千鳥十文字槍と日向正宗との関係とは?

真田信繁の刀としてあった彼がたどり着いた心境とは?

目次

脇差 泛塵(はんじん)

泛塵(はんじん)
無銘 金象嵌銘「泛塵 真田左衛門帯之」
指定
種類脇差
時代室町時代
刀工越中(富山)の刀工、宇多国次の作
刃長
所蔵

泛塵は「中古刀 中上作」

●「中古刀」は作刀された時代を表します。

「古刀」「中古刀」「末古刀」「新刀」「新々刀」の5段階。

「中古刀」は元応~長禄年間、1319-1461年作ということになります。

●「中上作」は刀工の位列を表し、順番は「最上作」「上々作」「上作」「中上作」「中作」の5段階。

泛塵は上から4番目に位置します。

金象嵌銘(きんぞうがんめい)とは?

無銘の刀に金象嵌(彫刻したものに金を埋め込む技法)で刀工名を入れることです。

泛塵は無銘ながら「泛塵 真田左衛門帯之」という金象嵌があります。

真田信繁が帯刀していたということですね。

後世に堀川国広が磨り上げたことも入っています。

泛塵(はんじん) 名前の由来

泛はうかぶ、ただよう、などの意味があります。

塵はチリのことですね。

泛塵は浮塵(ふじん)と同じ、人の命のはかなさを、空中に漂うチリと重ね合わせた心境を表しています。

浮塵とは

浮塵子(ふじんし)は、ユスリカという昆虫の別名です。

ユスリカは蚊に似ている昆虫ですが、血を吸うことはありません。

口が退化していてエサを食べられず、わずか数日のはかない命という不思議な昆虫です。

泛塵(はんじん)の来歴 大千鳥十文字槍・日向正宗との関係

はんじん 泛塵
出典:刀剣乱舞ONLINE

大千鳥十文字槍との関係

泛塵は真田信繁の脇差として、大坂夏の陣まで共にありました。

大千鳥十文字槍も真田信繁の愛槍だったので、いつも一緒にいた可能性が高いですよね。

大坂夏の陣で信繁の死後、大千鳥十文字槍(穂先が現存?)とは別の道をたどることに。

その後の来歴については定かではなく、紀州の高野山から売りに出され、幕末には紀州藩士の野呂某が所蔵していたそうです。

そして幕末以降、消息不明となっています。

真田信繁の愛槍、大千鳥十文字槍について読む↓

日向正宗との関係

説明しにくいので図にしました。

日向正宗と泛塵の持ち主たちは、豊臣秀吉の家臣だった時の仲間でした。

(2振りの上田城でのセリフからの推測です)

関ヶ原の戦いにて、石田三成や真田親子は西軍に属しています。

日向「僕には今、目の前の戦場しか見えていない」「次は、上手くやるって決めたから」

日向のセリフ「目の前の戦場」とは関ヶ原の戦いを指し、「次はうまくやる」とは、石田三成が敗北したことを言っていると思われます。

ここでの日向の「上手くやる」は、主の石田三成を守りたかったのかな、という意味合いに感じました。

泛塵「僕を助けてはくれないのか」

解釈が難しいですね。

信繁が負けたこと、信繁の手を離れたこと、売りに出されたこと。

考えられるのはこれらでしょうか。

日向「君の苦しみをどうにかできるのは、君しかいない」

日向の「苦しみ」は主の手を離れた(もしくは主を亡くした)ことだと思います。

(泛塵の苦しみは、売りに出されたことも含まれるかもしれません)

日向正宗はその後、紀州徳川家の所持になりますが、泛塵はそのまま高野山に紛れてしまいます。

真田信繁の兄である真田信之は、東軍(家康側)の本田忠勝の娘と結婚していました。

そのため関ヶ原の戦いにて、兄は東軍として参戦。

本来は処刑されるはずでしたが、兄のとりなしで真田親子は九度山に幽閉という処罰で済んだのです。

刀剣男士 泛塵

出典:刀剣乱舞ONLINE

名前の由来のとおり、パッと見は無気力系男子に見えますし、悟ったようなセリフも多い。

しかし真田信繁の刀らしく、戦うのが使命だと思っているようなところもちらほらと。

上記画像の山とは、高野山(九度山)のことかな。

真田信繁の亡きあと、高野山に置かれたことを言ってるのかもですね。

信繁を慕うようなそぶりもあり、かわいいなと感じました。

自分のことを含め、すべてが塵だと思っている無常感も泛塵の魅力だと思います。

ゴミも悪い意味ではなくて、「はかなきもの」という意味で使ってる気もしますが、どうでしょうか。

元気に帰ってきた遠征組を見て、ゴミと言う近侍の泛塵がおもしろすぎる。

泛塵「ゴミが帰ってきたよ」

小竜景光「帰ったよー、俺のこと、心配してたかな?」

最初聞いた時「ん?」ってなった(笑)

組み合わせで面白さ無限大かもしれない。

泛塵のセリフ「たまゆら」とは?

たまゆらは「玉響」とも表記し、ほんのわずかな間、一瞬のことを指します。

また「かすか」なという意味でも使われます。

大千鳥十文字槍とおそろいのような衣装だったので、内番に入れてみたらこっちもおそろいでした。

出典:刀剣乱舞ONLINE

管理人は「祗園精舎の鐘の声」から始まる平家物語の冒頭を思い出しました。

「ひとえに風の前の塵に同じ」ってやつですね。

この世のものは絶えず変化し、栄華を誇っても永くは続かず、結局滅びていくさまは風に吹かれる塵と同じだ。

う~ん、調べれば調べるほど面白いし深いです。

泛塵の鍛刀について

出典:刀剣乱舞ONLINE

資材は各500。鍛刀時間は40分。札なし。近侍は大千鳥十文字槍。

久しぶりの鍛刀でしたね。

資源はたくさん準備しているものの、いつ出るか分からないのでいつも不安な鍛刀。

最初は鍛刀時間を気にせず回していたのですが、途中でふと脇差だから40分ぐらいじゃね?と気づき、
「資材500で40分って出にくいだろー」と思いつつ回してたら419回目にようやくお目見え。

レア刀剣男士がもりもり出て習合がはかどりました。

数珠丸、明石、亀甲、小狐丸、鶯丸、鶴丸、江雪、源氏兄弟、一期一振、小竜景光、千子村正など。

その後デイリーで回していたら2振り目が。

あっけないほど簡単に出ましたが最初はほんとに出にくいうちの本丸。

さくっと出たのは誰か忘れたけど1度ぐらいだと思う。

出典:刀剣乱舞ONLINE

真田信繁の活躍について知ろう。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる